恋するターコイズ

つれづれなるまま、マイペースでブライス達との生活をして行きます。 時々イスルやダルにMisaki、テヤンも顔を出すかもね。

あちゃちゅむ楓と、ベトナム・ハノイへちょろり旅 3

ハノイC1

ども、ハノイちょろり旅もやっとラストの3です。 (長くてスミマセン!)

とうとう滞在中の朝はずっと曇り空で、清々しい朝日を見られませんでした。
そのかわり、早朝5時半ころから名物のバイクのクラクションに起こされるという…(日本じゃありえんなぁ)

右下に駐車されてるのは全部原付バイク!! その帯がみるみる長くなってくの~
なので楓さんも慢性的に寝不足のご様子ですわ。 (;^_^ A





ハノイC24

帰国前日は朝からホー・チ・ミン廟の見学へ。

ここは朝8時~11時まで(時期により変動)しか入れず、受付で荷物を厳しくチェックされてから1時間近く
列に並ばされました。 (ペットボトルの飲み水はその場で取り上げられちゃったし!)(#`皿´) ムキーーーー!
やっぱり軍の管理下なのでイロイロと厳しいのね~

ホーチミン廟は、ベトナムの独立と南北統一に生涯を捧げたホー・チ・ミン元国家主席の眠る霊廟です。
厳重に管理された廟内の中に遺体は永久保存処理され、ガラスケースの中に安置されていました。
ケースの四隅には真っ白な軍服の兵士が微動だにせず、周りを監視してる厳粛さ。
なので、見学者は廟内に入ったら出るまで沈黙していないとダメなんです。 (緊張感でピリピリ)

ベトナムを独立に導いた英雄とはいえ、死した後も土に帰れず人々の目に触れされられるって
ちょっと可哀想な気がしちゃいました。




ハノイC25

霊廟から少し行った所に池のほとりに建っているのが、ホー・チ・ミン大統領が晩年まで住んでいた家で、
ヨタつきながら一同で向かいました。

この池のほとりのマンゴーの道という場所を毎日散歩されてたそうです。
静かでゆったりとした佇まいでしたね~~ ゚  .+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン





ハノイC26

室内には入れないけど、外廊下を歩いて見学しましたが、いやホントに質素でシンプルに徹してる感じ!!
多くを持たず、生涯を民衆のために捧げた方なんだと改めて感じられる場所でしたね。

国民から親しみを込めて「ホーおじさん」と呼ばれた初代大統領の人柄が偲ばれました。
(どっかの国の首相にも見習ってほしいわ!)





ハノイC27

帰り道の途中、タクシーの中からホーチミン廟の近くで物乞いをするお婆さんの姿が。
社会国主義なので、本来いないはずと言われてたけど貧しい人はいるんだよね。

この日は28℃くらいあり、湿度も高かったのでグッタリしつつ一度ホテルに帰還し、一旦休憩で~す。
ホテルの1階の奥にスーパーやショップが入ってるので、お菓子やビールを買い込んではスナックタイムを取ってました♪
はぁ… (;´Д`A




ハノイC2

午後からは有志5名でハノイ大聖堂の先にある旧市街の5つの通りをひたすら散策しに。 ガンバルンバ( ー̀дー́ )و ガッツ

しかしどこに行っても原付バイクで溢れかえってますね~




ハノイC3

通りによって、生活用品を主に扱う店やお祭りや催事用の道具ばかりのお店、手芸用品だけのお店
外人向けのお土産やお茶、食品のお店にカフェとレストラン、衣料品、アオザイ専門のお店等々…





ハノイC4

さほど広くない通りにバイクが延々と駐車され、その間をすり抜けながらのショッピングはナカナカのスリルです。
ヾ(。`Д´。)ノシャーっ!!





ハノイC5

土産物屋の壁沿いで出店のお食事処があると思えば、その隣は靴の修理屋さん?

夜ともなると歩道には、こんな飲食店がいたる所に出没して、お風呂の椅子みたいなのに腰かけて
地元の人と観光客が肩を並べて食事したりお酒を飲んで相当賑やかでした~~





ハノイC6

ベトナムは15年にも渡った戦争で多くの人が亡くなった結果、お年寄りは割と少ない反面、終戦後に生まれ育った
エネルギッシュ若者が多くて、働き者や美人も多いなと思いました。
何処か日本人にも似てて、なんとなく親しみを感じるかな。 (でもスタイルの良さは負けてるけど)

信号機は少なくて、無いところを横断するには走らずゆっくり渡る(出来れば集団で団子になって)のがポイントね。
それに慣れてるバイクの方が避けてくれるけど、走って渡ると逆に危険ですよ。

初日こそビビッて慌てたんですが、2日目からはウチのグループをリードしつつ、怒涛のようにやってくるバイクに
ゼスチャー混じりで「はいはいちょっと待ってね~、すぐ渡るからからね」って日本語で声を張ってましたわ、ワタクシ。
(いや順応力あり過ぎだと笑われましたが) ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ






ハノイC7

日本でも昔はあった、てんびん棒でやってくる物売りさん。(彼女は果物だね)

あちこちにこんな光景が見られます。






ハノイC8

裏通りを歩いてると、重そうな荷物を前に後ろに下げて歩くお母さんと出会いました。
これからお店を広げるのかな?





ハノイC9

レストランの裏手では、食材の下準備を黙々としている女性たちが。

この国でも働き者の元気な女性達がホントに大活躍してました。 ウンウン(○′ω`)(●′皿`●)ウンウン






ハノイC10

あてどもなく、バイクを避けつつひたすら歩き回り喉もカラカラで、お茶をしようとお店を探しに。

このお店は多分中国の観光客?で埋め尽くされてたので断念!!





ハノイC11

だんだん迷走状態になってきた頃にこのお店を発見!

後でガイドブックを見たら載ってたから、観光客向けのお店みたいですね。





ハノイC12

案内されたのは2階のテラス席でした。 店の奥は暗かったので解放感がイッパイ♪
そして誰もいなかったので私達の貸切状態で更にgoodでしたよ。

通りの喧騒が嘘のようにソコは落ち着いてて、緑の木陰でステキなひと時を。 (*´∀`*)=3

(良く見ると、電気の傘は古い中華鍋を逆さにしたもの! 素晴らしいよ、アイデアだね!!)





ハノイC13

はい、ここで初の飲食物!! (@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

私が選んだのは確かフローズンライムソルベ(だったっけか?)です。
ヨーグルトと刻まれたライムの香りが清々しくて美味でした~~

各テーブルにはこんなふうに鮮やかな色のお花が飾られてて、フランスの古民家をカフェにしたようなテイストのお店でしたね。





ハノイC14

ここは衣料品や土産物のお店が連なってる通りだったかな。

ノンビリしてるんだか、忙しないのか、それがゴチャ混ぜですよね。





ハノイC15

その街を知りたければ市場へ行けというけど、歩き回ってたら着きましたドンスアン市場(マーケット)に。

そしてこれはそこで見かけて、ついパチリ!
なんのことはないマネキンですが、ドール者としては人型を見るとつい反応しちゃうのよね~

とにかくマーケット(なのかデパートなのか?)は、入り口付近に魚介類の乾物屋が、人が横歩きをしないと通れない
ほど、商品を広げてて香ばしいやら生臭いやらで大変でした。 (ハノイの洗礼か??)

その隣で民芸品売ってたり、お茶屋さんと続いてるんでもう臭いのカオスですよ! ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~







ハノイC16

カオスなマーケットを堪能した一行はその先に広がる青果店の並ぶ通りへと。

しかしそこで目に入ったのがこの建物。 (集合住宅なの?)

イヤなかなかインパクトのある光景です。





ハノイC17

元は同じ造りだったんだろうけけど、繰り返された増改築で住人の個性が映し出されたような様々な窓風景ですよね。

妙に小ぎれいな窓もあれば禍々しいほど荒んだ窓もありで、それのどこにも家族がいたり、泣いて笑っての生活が目一杯に
詰まってるんだなと思うと胸にジワルものがあるのでした。





ハノイC19

さっきの集合住宅の下にある青果、木の実やナッツの乾物を商うお店。

どれも安くて、几帳面に並べられてました。
そしてこういう風景ってどこか暖かみがあって優しいんですよね。

奥にあるのはモンキーバナナかなぁ?

栗は分かるけど、柑橘系の実ととなりは柿みたいです。






ハノイC20

日本と似た野菜や果物もたくさん。

それにしてもベトナムの人達の野菜を食べる量は日本人の比じゃないですね。
それも滋味の強い物だから健康になりそうですよ。

どこに行っても市場や青果屋さんを見るのが好きです♪
だって彩りもキレイだし、見てるだけでも元気になれそうなビタミンカラーですからね~~

 



ハノイC21

しかし見たことない果物がたくさんあるな。
(いや、果物と野菜類がアトランダムに並べられているのかも?)

どれを見ても取れたて新鮮で美味しそう~~!!
(でもバナナはパスしますけど、苦手)





ハノイC22

とにかく働き者なお母さんやお姉さん(子供達もね)ばかりが目立ってました。

それでもよそのアジアの国と違うのは、ハノイの商売人って自分から売り込みを掛けないのね。
私にはそれが好印象でした。

でも誠実に応対してくれるし、これがハノイ気質なのかなって思っちゃいました。 (そういう所、好きよ♪)





ハノイC23

立派なレストランも良いけど、街歩きをしてみてつくづく私は人がかかわり合ってる街中の方が好きなんだなと
感じましたよ~~

一生懸命生きてる街って感じがしましたね。






ハノイC28

さて新年早々の4泊6日、ハノイの旅も気が付けばあっという間に帰国の日を迎えてしまいました。

バイクの騒音には参りましたが、それ以外はほぼ好印象の街でした。
ホントはもっとたくさん撮影して良い画像をアップしたかったけど、ナゼか変圧器を通しての充電が上手くいかず
限られた蓄電で騙しダマシ撮ってたので、撮りたかった場所や楓さんのあんなシーンやこんなショットも泣く泣く諦めて…
(ホントなら水上人形劇も観たので撮りたかったしなぁ~) 
     ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ





ハノイC29

今回一緒に旅をした友人のお姉さま夫婦は、ホーチミンにも行かれたそうですがハノイの方が治安の面も含めて
こっちの方が良かったと言ってましたっけ。
物価が安くて食べ物がおいしいので、旅行満足度が上位なのもうなずけますしね。

ワタシ的には長かったベトナム戦争のイメージが強すぎて、当初はあまり乗り気じゃなかったこの旅ですけど
食わず嫌いは良くないよねって感じで、実際行ってみてとても良い旅だったなと思いましたよ。

惜しむらくは少数民族の村々に行ってみたかった、あとバッチャン焼きの村とかね~~
(ならばもう一度行ってこいって話ですが)

ラストは楓さんのあでやかなアオザイ姿の仁王立ちで締めたいと思います。






ハノイC30

あ、忘れてた! これがハロン湾に行く途中の障害者支援センター(お土産の部)で購入した絹糸刺繍の作品です。(A3サイズ)
今は玄関に飾ってるんですよ~~全面に刺繍です。(額が安物なのがイマイチだな・・・ )

それでは延々画像を垂れ流した旅行ブログをご覧いただき、有難うございました!!
次回より通常に戻らせていただきます~~

最後に一言、是非皆さんもベトナム・ハノイへご旅行してみてね~~~~♪  (ノ´▽`)ノ ショ
(真夏を避けて)

ご覧いただき、有難うございます♪ 



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

« WSでマリエ作りに挑戦!したのである♪|Top| あちゃちゅむ楓と、ベトナム・ハノイへちょろり旅 2 »

コメント

あちゃさんの楓さん、白、青、ピンク模様がさわやかなアオザイ着せてもらったのに最初のホテル到着までは、ブータレ顔だったのがハロン湾行く頃には顔つきもだんだん変わり嬉しそうでしたね!

ハノイ民族博物館の手の込んだ民族衣装、、良いですネ!
うんうん。市場や路上でのお店や人が沢山なカオスな光景は私も大好き!集合住宅の景観はアートですね〜♪まるでニューヨーク?
見応えアリで楽しそうで美味しそうでベトナムは絶対行ってみたい国です。

写真もキレイで文章も解りやすくまるでベトナム旅行記及びガイドブックを読んでる様で堪能致しました!
もうすっかり行った気分ですよ〜ありがとうございました〜。

Re: タミーさん

いやはや旅行に出て、食事の画像が1枚もないという残念なブログに優しいお言葉を
有難うございました~~v-406

ブログをお休みしてる頃だったので殆ど記録画像でしかないし、あちゃさんは着たきりスズメね。
それでもハロン湾での青い空と海をバックに船上で撮れたあのお嬢さんの写真があったから
是非ともブログに残そうと踏ん張っちゃいました。

ホアンキエム湖は綺麗でしたし、物価が安いのでお買い物や食事も楽しめると思いますよ♪

是非タミーさんも一度行ってみてください。
多分少数民族(花モン族を始めとする)の装束やアクセ、刺繍などは見ごたえありだと思います!!
チュッ☆^ヽ( ̄・ ̄*)=(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ


あちゃさんの髪色も映える
素敵なアオザイですね♪

それにしてもいろいろなものを映し出すような集合住宅の
佇まいにトキメキを覚えてしまいました^m^
これで一つの絵画みたいです♡

Re: 史歩さん

有難うございます~~
(でも良く見るとパツパツなんですよね) ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

ベトナムのイメージで最初は黒髪っ子をと、思ったんですが
逆に強い日差しに映える髪色の子の方がイイかもと…
(正解でしたかね)

あちらのホテルやビル以外の一般的な建築物は、良く言えば味のある仕上がり具合
とでも言えばいいのか、とにかく生活感に満ちたドラマを想像させてくれるものばかりでしたよ。

あのアパート?は味わい深過ぎて、良く煮込んだデミグラスソースのようですね。
(継ぎ足しを繰り返しつつコクがますという…)

( ˙³˙)ウー ( ˙³˙)ウーッ ( ˙³˙)ウーーーッ

ベトナム旅行記楽しかったです~~!!
アオザイあちゃさんいい女だわ~~~!!(〃∇〃)
ベトナムの女子って、痩せていてスタイル抜群の美人さん多いですよね(*´Д`)ハァハァ
ホーチミンしか行ったことないので、
ハノイにも行ってみたいです!!( ^▽^)

Re: 羊さん

とっ散らかった旅行ブログになってしまってお恥ずかしい!!

同じアジア系なのにどうしてこんなにも、美しいスタイルなんでしょうかね。
しかも健康的な美しさですよ。 (*≧∀≦)(≧∀≦*)ネー♪

ホーチミンには行かれたんですか! ほぉ~
どんな感じだったか今度聞かせて下さいまし。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://makomaru.blog.fc2.com/tb.php/197-ff5e3e6d

Top

HOME

まこ丸。

Author:まこ丸。
残念なくらいにアナログ野郎です。
ブライスに夢中になってからかれこれ13年、
一時期は下降気味だったのに再度、お熱が再上昇!!  そしてとうとうヴィンブラにまで…。 ブログについてはほぼカンでやり始めたので、おいおい慣れていくんですかね。 
のんび~りテンポでやっていきますわ。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

未分類 (44)
Vinブライス 金髪6桁 (はぐみ) (19)
Vinブライス ブルネット7桁(ひなた) (8)
Vinブライス 赤毛7桁 (あゆ) (8)
Vinブライス 黒髪6桁 (あかり) (4)
フルーツパンチ (マコ) (4)
フルーツパンチ (ジョゼ) (5)
初期ハリウッド (ハリー) (4)
あちゃちゅむずきん (楓) (8)
ミスサリーライス (クレオ) (8)
ルージュ ノアール (メリー) (2)
サンデーベスト (しゅん) (2)
マヌヘアリィ パラダイスガール(パラディッシ) (2)
モンドリアン (リンダ) (2)
ハッピーハーバー (アッシュ) (5)
ミセス レトロママ (レオン) (0)
ジェントルリバー(アンジェロ) (0)
パラディバイモノコムサ (ルカ) (4)
カプチーノチャット (ロビン) (2)
ディアレレガール (如月 キサラギ) (1)
ミッドナイトスペル (いろは) (2)
キスミー トゥルー (ルビィ) (0)
アレクシス エメラルド (フィアナ) (10)
マラケッシュメランジェ (シエナ) (1)
サムディマルシェ (フレデリック) (1)
アートアタック (ユージーン) (3)
シンプリーペパーミント (ユーリ) (2)
プリマドーリーオーブリー (アンリ) (3)
タルト アンド ティ (クラリス) (1)
なんちゃってスケデ (マルティーナ) (0)
スプライトビューティ (リリス) (3)
ハイホーマリーン (ひよこ) (1)
アジアンバタフライ(きよら) (0)
ファンシーパンジー (ケイトリン) (1)
テーラーギブソン (浅黄) (4)
チェリービーチ (アイシャ) (2)
デヴィデラクール (ピピン) (2)
プリマドーリーサフィー(シヴィル) (0)
ローズ・バド (モーティシア) (3)
チェリーベリー (マヤ) (0)
ボヘミアンビーツアゲイン (陽毬) (1)
Misaki (サシー・ストライプス) スパルジン (7)
Misaki (ゲット・グラフィック) マチルダ (2)
ムッシュZ (静流(シズル ) (1)
ムッシュZ (那由多(ナユタ ) (0)
ムッシュZ (黄花(キカ ) (0)
ムッシュZ (森羅(シンラ ) (1)
ムッシュZ (楼蓮(ローレン) (1)
ムッシュZ (紅波)クレハ) (0)
ムッシュZ (風雅(フゥガ ) (0)
ムッシュZ (出雲(イズモ ) (1)
ムッシュZ (音羽(オトワ ) (0)
ムッシュZ (輪音(リンネ ) (0)
イスル マオ (アキラ)&アポロ (ニチカ) (20)
ダル プキ (マニ)&ドトリ (小梅) (5)
プーリップ(聖良) 弥(あまね) (1)
テヤン ハッシュ(我愛羅)青嵐(ナルト)レイン(サイ)カヴァリエ(はじめさん) (4)
ミディ ミルク&ハニー  (ニーナ) (4)
ダル  プキ (マニ) (3)
不器用な手芸クラブ&工作モドキ (9)
ミニチュア、フィギュア、食玩 (1)
好きな物たち♪ (5)
(0)

QR

この人とブロともになる